関西御苗場2017 presents 『FOCUS ON STUDENTS』
Supported by SONY

関西御苗場2017 presents 『FOCUS ON STUDENTS』
Supported by SONY

「現在進行形」で変わる写真の世界だからこそ、学生の時期に知っておくといいこと、挑戦できる環境など、関西圏で写真を学ぶ学生にむけて共有し、交流するイベントが『FOCUS ON STUDENTS』です。
 
2017916日(土)
10:30 – 11:00 「キックオフトーク / 新しい風景を見るために」
登壇者:速水惟広(T3 PHOTO FESTIVALディレクター)x 玉置慎輔(The Third Gallery Ayaスタッフ)
写真と関わる生き方を考えたとき、そこにはカメラマン作家、もしくは支える側の立場など、様々な選択肢があります。また、コンペやポートフォリオレビューといった学生時代から挑戦することが出来るチャンスも多くあり、様々です。国内だけでなく海外も含め、そういった写真との関わり方、チャンスなどを二人のディレクター/キュレーターが案内人となり紹介するキックオフトーク。
 
11:00-12:00 「世界の同世代写真家たちが見ているものとは?」
登壇者:片山達貴x高橋由衣

©Yui Takahashi
©Tatsuki Katayama

世界最大級の写真コンテストとして知られる「Sony World Photography Awards」。その中で、各大学・専門学校からひとりだけが参加できる「Student Focus」というカテゴリーがある。世界から400を超える学校が参加し、最終選考のトップ10に選ばれるとロンドンでの展示、さらにはワークショップ、表彰式への招待という権利を得ることが出来る。そのStudent Focus最終選考に2016年、2017年と選ばれた二人の若き写真家によるトークショーを開催。高橋由衣さん、片山達貴さんが、それぞれ現地で得た経験や、感じたものなどを踏まえ、世界で学生たちが見ている眼差しや景色を共有する1時間。
 
12:00-12:30 「Talk after Talk」
学生同士の交流や、登壇ゲストに聞きたいことなど、トークイベントの後の少しゆったりとした交流時間となります。

開催概要
【日時】2017年9月16日(土)10:30~12:30
※御苗場の開場は11時からですが、こちらのトークショーにご参加の方は開演10分前から入場可能です
 
【開催場所】海岸通りギャラリー・CASO(1階メインステージ)
〒552-0022 大阪市港区海岸通二丁目7-23
地下鉄中央線「大阪港」駅徒歩7分
▼会場へのアクセス▼
http://www.caso-gallery.jp/access/
 
【 参加費 】無料
【事前申込】なし
 

登壇者紹介
 

速水惟広
1982年、大阪府生まれ。T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO(東京国際写真祭)コーファウンダー兼クリエイティヴディレクター。海外の写真フェスティバルなどにて審査員やレビュアーとして参加多数。写真雑誌「PHaT PHOTO」前編集長。
 
 

玉置慎輔
1988年 広島市生まれ。 大学で写真を学ぶ。 
大学在学中の2年間The Third Gallery Ayaでインターンシップ、卒業後勤務。ギャラリーでの展覧会の他、写真展を中心に展覧会企画に携わる。
 
 

片山達貴
1991年、徳島県生まれ。京都造形芸術大学 現代美術・写真コース在学中。2017年、Sony Student Grant受賞。
 
 

高橋由衣
1986年 高知県に生まれる
2009年 ワシントン州エバーグリーン大学卒業
2010年 兵庫県立大学経済学部 卒業
2014年 東京綜合写真専門学校BASIC 卒業
2014年 「CLOSET」で「1_WALL」ファイナリストに選ばれる。